江東豊洲病院

ご挨拶

草野 太郎

形成外科とは、先天的または後天的に生じた身体の変形や欠損を、整容的(見た目)にも機能的にも改善することを目的とする専門の診療科です。頭部から手足に至るまで体表の異常を中心に診療を行なっております。具体的には顔や手足の先天異常、腫瘍、顔面の骨折、手足・顔面の外傷、火傷、傷跡の修正などが対象になります。

当院では特に「乳房再建」、「眼瞼下垂」(瞼が下がって見づらい)に力を入れております。
また、自費診療になりますが「美容外科」にも特化しております。気になることがある患者様はぜひ一度当科を受診していただければと存じます。

主な対象疾患

乳房切除後の再建
全国でも有数の手術件数を誇る昭和大学では、多種多様なニーズに応じた乳房再建のプランをご提案できます。他院で乳房切除を行われた患者様でもお気軽にご相談ください。
眼瞼下垂
瞼が重くなると物が見えづらいだけでなく、頭痛や肩こりの原因になるとも言われています。
その方の症状に応じて、見た目も自然な仕上がりになるような治療を心がけています。
美容外科(自費診療)
顔面の輪郭を変える手術、二重まぶたをはじめとする目の形を変える手術、鼻を高くするなど形を変える手術、豊胸、顔のシワ、シミ、脂肪吸引など多種多様な手術を行なっております。
まずはご相談ください。

紹介医療機関

乳房再建をご希望の患者さま
全国3位の症例数を誇る昭和大学では、あらゆる患者ニーズに対応する準備があります。シリコンインプラント、腹部皮弁や広背筋皮弁など一般的な再建方法に加え、脂肪注入にも力を入れております。同時再建のみでなく二次再建も承っておりますのでご相談くださいませ。
目元の悩みを抱えておられる患者さま
いわゆる老人性眼瞼下垂は、挙筋の機能の問題だけではなく皮膚のたるみ、眼窩脂肪の減少など問題点は一元的ではありません。複合的に改善を目指すことで患者さんの悩みにアプローチします。

また若い方でも先天性眼瞼下垂といった病的なものだけでなく、程度の軽い眼瞼下垂の方もいらっしゃいます。保険適応については診察後の判断によりますがまずはご相談いただければと思います。

その他、自費診療にはなりますが二重まぶたの手術や上下眼瞼のたるみ取りの手術など、目元の悩み全般に対応いたします。

年齢、性別を問わず、まずは相談のみでも受け付けておりますのでご希望の患者さまがいらっしゃいましたら
形成外科 草野太郎医師の外来にご紹介ください。

江東豊洲病院からのお知らせ

形成外科手術書第五版 出版記念祝賀会

2018/09/18 | 昭和大学藤が丘病院

昭和大学名誉教授鬼塚卓弥先生監修のもとに完成した「形成外科手術書 第五版」の出版記念会が先日執り行われました。ご参加頂いた先生方や各関係者の方々に厚く御礼申し上げます。 ...

2018 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナーのご案内(旗の台)

2018/05/22 | 昭和大学藤が丘病院

2018 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナー(旗の台) セミナー内容 ・皮膚縫合 ・顔面骨骨折手術 ・顕微鏡下血管吻合 対象 医師・臨床研修医・学生 場所 昭和大学12号館スキ...

昭和大学形成外科 今年度の主な行事

2018/05/16 | 昭和大学藤が丘病院

平成30年5月 ヨーロッパ形成外科学会(スペイン) 口蓋裂学会 抗加齢学会 International Society for the Study of Vascular Anomalies(...

口蓋裂学会(大阪)参加のためご協力のお願い

2018/05/16 | 昭和大学藤が丘病院

来る平成30年5月24日及び25日に大阪にて日本口蓋裂学会が開催されます。この学会には口唇口蓋裂治療を主目的とする学会であります。 昭和大学は特に口唇口蓋裂治療に力を入れている関係上多くの医局員が参...

昭和大学形成外科講座の新ホームページ公開

2018/05/16 | 昭和大学藤が丘病院

このつど、昭和大学形成外科講座の新ホームページを公開致しました。これまでのホームページは某日をもって閉鎖いたします。これまでご不便をおかけいたしました。これからも昭和大学形成外科講座をよろしくお願い申...

アクセス

郵便番号
135-8577
住所
東京都江東区豊洲5-1-38
電話番号
03-6204-6000
詳しい情報はこちら
http://www.showa-u.ac.jp/SHKT/access/