草野 太郎
草野 太郎
草野 太郎

草野 太郎
くさの たろう-Taro Kusano

趣味
旅行、音楽鑑賞、キックボクシング、ウクレレ、など
患者さんへ
はじめまして草野と言います。形成外科医として当医局で18年働いています。昭和大学形成外科チームの一員として皆様のお役にたてればと考えております。
なぜ形成外科医になろうと思いましたか?
自分で言うのもなんですが昔から手先が器用で、医者でなければデザイナーになろうと考えていました。そんな自分が、形成外科を最も創造性の高い学問だと考えて選択したことはごく自然だったと思います。
なぜ昭和大学の形成外科医局を選びましたか?
学生時代に見学に来ました。
まずは医局の雰囲気の良さ、そして日本一を誇る医局員の数、それに付随する各地にまたがる多数の関連施設、また優秀な先輩が多いことなどが挙げられます。
今後の目標をお聞かせください
5年前より乳房再建を主軸として、当院ブレストセンター http://showa-breast.com のみなさんと共に仕事に取り組ませていただいております。全国有数の施設にまで成長している当ブレストセンターにおいて、一人でも多くの患者様に満足をご提供できるよう尽力したいと考えております。
また顎顔面(特に顎変形)領域、美容外科領域の治療にも力を注いでおりますので、些細な事でも外来にてご相談いただければと思います。
入局を検討されている先生方へ
後輩の育成にも皆で力を入れています。
自分も含めチームで形成外科医として確かな技術と人間性を養いたいと思います。高度救命センターで5年間培った外傷治療やマイクロサージャリーの技術も含め、少しずつでも伝えていければと考えています。 みなさんと共に働ける事を楽しみにしておりますので、まずはぜひ見学にいらしてください。

役職

講師

経歴

2001年、帝京大学医学部卒業。
同年昭和大学形成外科入局。その後各地で研鑽を積む。
2008年、千葉県救急医療センター 形成外科医長。
2013年、昭和大学形成外科 助教。
2017年 昭和大学江東豊洲病院 講師。現在に至る。

専門分野

スペシャリティ:乳房再建
サブスペシャリティ:顎変形、美容外科

認定資格

医学博士
日本形成外科学会専門医
日本手の外科学会専門医

所属学会

形成外科学会
乳癌学会
温故プラスティックサージャリー学会
頭蓋顎顔面外科学会
美容外科学会
手の外科学会
皮膚科学会

学外活動