昭和大学病院

ご挨拶

准教授 黒木知明

2017年10月、昭和大学口唇口蓋裂センターの昭和大学藤が丘病院への移転をうけて、本院の診療体制も大きく変わりました。現在、日本形成外科学会専門医3名を含む常勤医師8名が診療を行っています。
今後は主に再建外科に力点をおき、Microsurgeryを含む様々な組織移植技術を通じて、積極的に、乳房再建をはじめとした悪性・良性腫瘍再建、各種組織欠損再建、重度顔面外傷再建などに取り組んで参ります。

主な対象疾患

新鮮熱傷、凍傷、化学熱傷、顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、体表面の先天的形態異常、母斑(いわゆるホクロやアザ)、血管腫・良性腫瘍・悪性腫瘍およびそれに関する再建、瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド、褥瘡、難治性潰瘍、その他(眼瞼下垂、眼瞼外反、兎眼、睫毛内反、陥入爪、腋臭症、顔面神経麻痺、顔面痙攣、陥没乳頭など)など。

診療体制

准教授 2名
助教 6名

外来担当医表

医局員
ブレストセンター
外来日

手術日

黒木准教授
(偶数週)
医局員

手術日

医局員
乳腺外科合同手術日
医局員
乳腺外科合同手術日

外来手術は、平日午後に行っています。

勤務している医局員

勤務している医局員につきましては昭和大学病院所属医局員をご覧ください。

紹介医療機関

診療体制の変更に伴い、現在、唇顎口蓋裂診療、レーザー治療、美容外科、各種保険外診療、は行っておりません。

研究内容

(1)乳房再建

3D計測機器を用いた乳房再建術前後の乳房の形態評価
再建乳房形態の経時的変化
合併症の発生率および発生に影響を与える因子の調査
患者満足度の調査
乳房インプラントの経時的変化
(2)顔面骨骨折

顔面骨骨折固定材料(非吸収性および各種吸収性プレート)の術後成績の較討
(3)皮弁移植

マイクロサージャリーを用いた新しい皮弁の開発
皮弁生着範囲の評価
皮弁血行動態の観察手段
(4)診療録を元にした後ろ向き調査

唇顎口蓋裂患児の二次修正術に関する調査
慢性膿皮症関連疾患についての疫学的調査

昭和大学病院からのお知らせ

2019 年度 昭和大学形成外科ハンズオンセミナー【2回目】(旗の台)

2019/06/04 | 昭和大学藤が丘病院

セミナー内容 ・皮膚縫合 ・顔面骨骨折手術 ・顕微鏡下血管吻合   対象 医師・臨床研修医   場所 昭和大学12号館スキルスラボ1・2 &...

2019 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナー(旗の台)

2019/04/15 | 昭和大学藤が丘病院

2019 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナー(旗の台) ※ご好評につき定員に達しましたので締め切らせていただきましたが、 懇親会のみの参加は受け付けております。   セミナー...

形成外科手術書第五版 出版記念祝賀会

2018/09/18 | 昭和大学藤が丘病院

昭和大学名誉教授鬼塚卓弥先生監修のもとに完成した「形成外科手術書 第五版」の出版記念会が先日執り行われました。ご参加頂いた先生方や各関係者の方々に厚く御礼申し上げます。 ...

2018 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナーのご案内(旗の台)

2018/05/22 | 昭和大学藤が丘病院

2018 年度 昭和大学形成外科 ハンズオンセミナー(旗の台) セミナー内容 ・皮膚縫合 ・顔面骨骨折手術 ・顕微鏡下血管吻合 対象 医師・臨床研修医・学生 場所 昭和大学12号館スキ...

口蓋裂学会(大阪)参加のためご協力のお願い

2018/05/16 | 昭和大学藤が丘病院

来る平成30年5月24日及び25日に大阪にて日本口蓋裂学会が開催されます。この学会には口唇口蓋裂治療を主目的とする学会であります。 昭和大学は特に口唇口蓋裂治療に力を入れている関係上多くの医局員が参...

昭和大学形成外科講座の新ホームページ公開

2018/05/16 | 昭和大学藤が丘病院

このつど、昭和大学形成外科講座の新ホームページを公開致しました。これまでのホームページは某日をもって閉鎖いたします。これまでご不便をおかけいたしました。これからも昭和大学形成外科講座をよろしくお願い申...

アクセス

郵便番号
142-8666
住所
東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号
03-3784-8000
詳しい情報はこちら
http://www.showa-u.ac.jp/SUH/access/